• ホーム
  • アフターピルの価格を病院と通販で比較

アフターピルの価格を病院と通販で比較

2019年08月14日

アフターピルは病院で処方してもらう方法と、インターネット通販を利用し自分で購入する方法で入手できます。
医薬品を購入する場合、やはり価格が気になる方は多いのではないでしょうか。
アフターピルの場合、病院処方とインターネット通販を比較した場合、どのくらい価格に違いがあるのかチェックしておく事をおすすめします。

まず病院で処方してもらう場合の相場はノルレボ錠の場合、約1万5000円から2万円、ヤッペ法で使う中用量のピルだと約5000円前後が相場です。
日本の病院で処方される医薬品には、健康保険が適用されるケースがほとんどです。
ですが、アフターピルの場合は治療目的での処方ではないので健康保険が適用されません。
自由診療となってしまうので、5000円から2万円という高額な費用がかかります。

5000円から2万円という価格はアフターピル代です。
病院の場合は診察料や処方箋料といった費用も加算されます。
初診料だと2000円から3000円がプラスされるので、より価格はアップしてしまいます。
病院によっては3万円程度の費用がかかるケースもあるようです。
この費用の他に病院までの交通費なども考慮しなければいけません。

インターネット通販を選んだ場合、病院のように診察料や処方箋料といった費用を支払う事はありません。
アフターピル自体の価格も1500円から3000円程度が相場です。
まとめ買いをすれば、さらに価格は下がります。
自宅にいながら購入できるので、交通費もかからず病院処方よりもさらに費用を抑える事が可能です。
これだけ価格の差があるのであれば、インターネット通販を利用したほうがメリットが多いと言えるでしょう。

そしてインターネット通販は24時間、365日利用できるという便利さも魅力です。
医薬品だからといって購入手続きが難しいという事はなく、通常のインターネット通販と同じ感覚で利用できます。
費用の面だけでなく購入しやすさを考えても、インターネット通販のほうがおすすめです。

通販だと事前にアイピルを用意できるし安心

アフターピルは生理不順や吐き気などといった副作用もあるので、決して継続して服用するのは避けたほうが良いですが、望まない中絶や妊娠は女性にとって非常に辛いことです。
男性の性欲のためにピルを服用していなかったりコンドームを使わない性交渉をしてしまった場合は生理になるまで不安な日々を過ごすことになります。

性犯罪に遭遇するのも、ほとんどが女性です。
辛い気持ちを、もっと辛い状況にさせないようにするためにアフターピルは性犯罪から女性の身体を守ってくれる薬でもあります。
アフターピルを前もって持っておけば性犯罪に遭遇しても望んでいない相手との子供を妊娠するという最悪のシナリオを避けることが可能です。

男性の立場から考えるとコンドームなどを装着せずに快感を感じてみたいという欲求が存在します。
方法次第では射精する寸前に外に出したりすることも可能ですが、絶対上手くいくという保証はなく失敗して妊娠した場合は責任を取る必要が生じることになるのです。
まだ父親になるための準備をしていない状態のままで妊娠をさせた場合は、父親として自覚を持っていないまま育児をすることになってしまいます。
安心して快感を感じたいという生理的な欲求を解消するために用意しておくと良いのがアフターピルです。

このようにアフターピルは性別を問わず万が一のときのために用意しておくと安心することができる緊急時に対策できるアイテムになります。
ところが人の目に触れることになるため病院で処方してもらうのは多少抵抗があるものです。
その上に、診察料や処方箋料がかかってしまいます。
そういった場合は個人輸入代行通販サイトを利用すると価格が比較的安い上に自宅に届くため人に知られずに買うことができ便利です。

関連記事
女性の体に必要なエストロゲンについて学びましょう

女性ホルモンと聞くと、女性の魅力を引き出すものとして、フェロモンと混同されがちですが、フェロモンと女性ホルモンは全く違います。女性ホルモンは女性らしい身体にするために必要な物質です。女性らしくなれば女性としての魅力は確かに上がりますがそれは補助的なもので、女性ホルモンは女性が生命活動をするうえで重要...

2019年11月09日
ニキビ改善ならマーベロンがおすすめ

ピルと言うと、望まない妊娠を避けるために女性が使用するというのがオーソドックスな使い方です。ですが避妊以外にも、自律神経失調症やニキビを治療するのにも役立つ効果を得る事が出来ます。マーベロンもそんなニキビ改善が期待可能なピルの1つです。マーベロンはデソゲストレルの様な黄体ホルモンを用いたピルであり、...

2019年09月15日
低用量ピル服用で子宮内膜症治療

子宮内膜は本来子宮の内側にあるはずですが、子宮内膜症は他の臓器や卵巣や卵管にできてしまう病気です。多くの女性が苦しんでいる病気の一つですが、まだはっきりとした原因がわかっているわけではありませんが、生理の時に子宮内膜が剥離したときに逆流すると考えられます。子宮内膜症の症状は生理痛がひどくなるために鎮...

2019年08月30日
緊急避妊するならやっぱりアイピル

避妊具を使っていたにも関わらず、性行為中にコンドームが破れてしまって避妊が失敗した、大量にお酒を飲んだ状態で性行為を始めたせいで、うっかり避妊するのを忘れてしまった。こういった場合には緊急避妊の手段として、アイピルを飲用するといいでしょう。アイピルとは非常に信頼性が高いとされている避妊薬のひとつであ...

2019年07月27日
ピルを飲み忘れた場合の対象法

ピルは毎日飲み続けることで避妊効果を発揮する薬です。排卵を防止する薬ですが、飲み忘れてしまうと効果が出なくなってしまうこともあります。万が一飲み忘れてしまった場合に備え、その後の対処方法をしっかり確認しておきましょう。対処方法については飲み忘れてから何時間経過したかによって異なってきます。飲み忘れが...

2019年06月23日
生理緩和やPMS改善にはピルを服用

生理前になるとイライラするといった精神が不安定となる症状や、様々な身体の不調を感じるという場合、もしかしたらPMSを引き起こしているかもしれません。PMSは「月経前症候群」とも言われるもので、この名前の通り生理前に起こるのが特徴です。生理前になると女性ホルモンバランスが急激に変わります。この変化に身...

2019年10月12日
避妊したいならトリキュラーを使いましょう

トリキュラーはバイエル薬品が販売している低用量ピルで日本での普及率は1番です。トリキュラーはシートデザインが良く21錠と休薬期間にプラセボが入っている28錠の2種類があり、不正出血などのマイナートラブルが少ない事が人気の理由です。低用量ピルは女性が自主的に避妊できる数少ない方法の一つです。毎日飲み続...

2019年07月07日