• ホーム
  • プレマリンクリームの効果や副作用について

プレマリンクリームの効果や副作用について

2019年12月15日

女性は生理が始まった小学生や中学生時代から閉経を迎えるまでいつでも妊娠の可能性はあります。
たとえパートナーがいても年齢や経済面などでまだ生みたくないという時期はあるでしょう。
どこで性犯罪に巻き込まれないとも限りません。
万が一に備えてモーニングアフターピル・緊急避妊薬はお守り代わりに持っておいてください。

普段からピルを服用しているという方だって飲み忘れることはあります。
コンドームだと男性主体で避妊効果はそれほど高くありません。
失敗して自身の体や心を傷つけないためにも、不幸な子供を増やさないためにも大切なことです。

アフターピルは性交渉後、72時間以内に服用するようにしましょう。
とにかく早ければ早いほど効果は上がります。
100パーセントとは言わないものの、80パーセントもの確率で望まない妊娠を防ぐことができるのです。
アフターピルの中に含まれている女性ホルモンが排卵を遅らせ、もしも排卵したとしても子宮内膜に着床するのを阻害してくれるのです。

低用量ピルの方が99.9パーセントと高い確率ですが、1日1回毎日続けなければなりません。
生理不順が改善されたり生理痛が軽くなったりといったメリットはあるものの、忙しい毎日を送る現代女性にとっては面倒なことです。
それに、最初のうちは頭痛や吐き気・乳房の張り・にきびなどちょっとした体調不良が起こるので始めるのに抵抗を感じている方もいるでしょう。

どんなに気をつけているつもりでも妊娠の可能性は日常生活に横たわっています。
万が一妊娠してしまって困るのは自分自身です。
低用量ピルが難しいという方であればアフターピルをカバンに1個、お守り代わりに入れておきましょう。
アフターピルの方は強制的にホルモンバランスを変化させるため定期的に飲む低用量ピルとは違います。
あくまで緊急用の薬なのでセックスのたびに使用することはやめましょう。
中絶薬ではないため、すでに受精卵が着床してからは服用しても効果はありません。

臨床試験結果より80%以上の避妊が見込めそう

上記で説明したように、望まない妊娠を防ぐためにも低用量ピルやアフターピルは欠かせない存在と言えます。
そもそも生理が始まっている女性は、年齢に関係なく、妊娠する可能性があります。
ただ経済的な不安や精神的に未熟だという理由で、パートナーがいても子供をまだ望んでいないという方は多いです。
したがって、コンドームを付け忘れたり破れた場合に備えて、特にモーニングアフターピル・緊急避妊薬は持っていて損はありません。

アフターピルは、臨床試験結果より80パーセント以上の避妊が見込めるといわれています。
緊急避妊薬を服用することで、排卵を遅らせて子宮内膜への着床を阻害する効果を期待できるからです。
ただし大部分の望まない妊娠を防ぐことができますが、服用方法が間違っているとちゃんと避妊効果を得られません。
失敗せずに高い避妊効果を得るには、必ず性交渉後72時間以内に服用する必要があります。
受精から着床までにかかる期間が7日なので、72時間以内というのはそれより前に生理を起こすための数値です。
きちんと時間内に服用することで、80パーセント以上の確率で妊娠の成立を回避できるということです。

また、アフターピルの投与が早いほど効果は高くなります。
すぐにピルを飲むことで、95%の避妊効果があるといわれています。
緊急避妊薬を摂取する際は、吐き気・おう吐、頭痛、めまい・眠気、不正出血などの副作用が見られることがあります。
特に服用後、2時間以内におう吐してしまった場合、再度薬の服用が必要になる場合があります。
その場合は、処方してもらった医師にきちんと相談したほうが良いです。
また、副作用は24時間以上続くことはないと言われていますが、もし症状が治まらない場合は医師の診断を受けることをおすすめします。

関連記事
女性の体に必要なエストロゲンについて学びましょう

女性ホルモンと聞くと、女性の魅力を引き出すものとして、フェロモンと混同されがちですが、フェロモンと女性ホルモンは全く違います。女性ホルモンは女性らしい身体にするために必要な物質です。女性らしくなれば女性としての魅力は確かに上がりますがそれは補助的なもので、女性ホルモンは女性が生命活動をするうえで重要...

2019年11月09日
ニキビ改善ならマーベロンがおすすめ

ピルと言うと、望まない妊娠を避けるために女性が使用するというのがオーソドックスな使い方です。ですが避妊以外にも、自律神経失調症やニキビを治療するのにも役立つ効果を得る事が出来ます。マーベロンもそんなニキビ改善が期待可能なピルの1つです。マーベロンはデソゲストレルの様な黄体ホルモンを用いたピルであり、...

2019年09月15日
低用量ピル服用で子宮内膜症治療

子宮内膜は本来子宮の内側にあるはずですが、子宮内膜症は他の臓器や卵巣や卵管にできてしまう病気です。多くの女性が苦しんでいる病気の一つですが、まだはっきりとした原因がわかっているわけではありませんが、生理の時に子宮内膜が剥離したときに逆流すると考えられます。子宮内膜症の症状は生理痛がひどくなるために鎮...

2019年08月30日
緊急避妊するならやっぱりアイピル

避妊具を使っていたにも関わらず、性行為中にコンドームが破れてしまって避妊が失敗した、大量にお酒を飲んだ状態で性行為を始めたせいで、うっかり避妊するのを忘れてしまった。こういった場合には緊急避妊の手段として、アイピルを飲用するといいでしょう。アイピルとは非常に信頼性が高いとされている避妊薬のひとつであ...

2019年07月27日
アフターピルの価格を病院と通販で比較

アフターピルは病院で処方してもらう方法と、インターネット通販を利用し自分で購入する方法で入手できます。医薬品を購入する場合、やはり価格が気になる方は多いのではないでしょうか。アフターピルの場合、病院処方とインターネット通販を比較した場合、どのくらい価格に違いがあるのかチェックしておく事をおすすめしま...

2019年08月14日
ピルを飲み忘れた場合の対象法

ピルは毎日飲み続けることで避妊効果を発揮する薬です。排卵を防止する薬ですが、飲み忘れてしまうと効果が出なくなってしまうこともあります。万が一飲み忘れてしまった場合に備え、その後の対処方法をしっかり確認しておきましょう。対処方法については飲み忘れてから何時間経過したかによって異なってきます。飲み忘れが...

2019年06月23日
生理緩和やPMS改善にはピルを服用

生理前になるとイライラするといった精神が不安定となる症状や、様々な身体の不調を感じるという場合、もしかしたらPMSを引き起こしているかもしれません。PMSは「月経前症候群」とも言われるもので、この名前の通り生理前に起こるのが特徴です。生理前になると女性ホルモンバランスが急激に変わります。この変化に身...

2019年10月12日
避妊したいならトリキュラーを使いましょう

トリキュラーはバイエル薬品が販売している低用量ピルで日本での普及率は1番です。トリキュラーはシートデザインが良く21錠と休薬期間にプラセボが入っている28錠の2種類があり、不正出血などのマイナートラブルが少ない事が人気の理由です。低用量ピルは女性が自主的に避妊できる数少ない方法の一つです。毎日飲み続...

2019年07月07日